オーダースーツとはどういうもの?初心者によくある疑問や解決の方法について紹介

当サイトではオーダースーツとはどういうものなのか、初心者によくある疑問や解決の方法について紹介しています。
初めてのスーツ作りの場合には、このサイトに目を通しておくのがおすすめです。
ステージ衣装のオーダーメイドスーツも作れるのか、という気になる質問にもお答えしています。
さらにオーダーメイドスーツは体に合うスーツが見つからない人に最適、というテーマでも情報をご紹介しているのでこれから利用してみたいときに参考になるはずです。

オーダースーツとはどういうもの?初心者によくある疑問や解決の方法について紹介

あまり身近ではなかったため、オーダースーツについての疑問があるという人は多いのではないでしょうか。
オーダースーツは個別に注文して作るスーツのことです。
よくある疑問には生地は高級なものの方が良いのか、ということが挙げられるでしょう。
高級生地は細い糸を使用していては高級感がありますが、耐久性が高いのはあまり細い糸を使用していない生地です。
耐久性を重視してオーダースーツを作るなら、ランクの高すぎない生地が良いです。

オーダースーツとはサイズやデザインなどを個別にオーダーできるオリジナルスーツのこと

オーダースーツとは、サイズやデザインなどを個別に注文できるオリジナルスーツのことです。
量販店に行くと、基本的には既製品がずらりと並べられており、その中から素材・デザイン・サイズなどの点で自分が気に入ったものを購入することになるのですが、種々の理由からこれでは十分に満足できない人も多くいます。
例えばサイズというか体型一つを取っても、既製服では平均的な人を対象としていますから、そのような平均的な体型から外れた人は、ある部分はぴったりだけれども別の部分では窮屈だとかゆるゆるだということが起こり得ます。
オーダースーツとはこのような場合にも役立ってくれ、自分自身の採寸をしてもらった上でちょうどぴったり合うものを作ってくれますので、ストレスが少なく快適です。
もちろん素材とかデザインを自分好みのもので注文することもできます、価格的には既製品よりも高くはなりますがそれだけの価値を見出している人も多くいます。

オーダースーツを作成するには事前に予約が必要?

オーダースーツを作成するには事前に予約が必要かと言われれば、答えはイエスでもありノーでもあります。
予約専用だったり時間を設定しないとできないようなテーラーであれば別ですが、一般的には店舗を訪問すれば丁寧に対応してくれるのです。
一方でオーダースーツを作成するまでには寸法を測ったり生地を選んだりする工程と、そのパターンに併せて服を作る工程とがあるため数週間から数カ月かかることは覚えておくと良いでしょう。
さらに本人の背景をカウンセリングを通じてヒアリングするテーラーもあったりと、自分のための服を作るためにはそれ相応の準備のための時間が必要なのです。
あとは、在庫の記事が無い場合で指定の生地で作ってほしいというケースは仕入れにも時間を要する場合があります。
スーツの生地は世界中で清算されていますが、特にイタリア製や日本製が高品質です。
仮にイタリア製で在庫が無い場合は取り寄せる必要があるため、時間がかかるという理屈です。

オーダースーツは注文から完成までにどれくらいの時間を要する?

オーダースーツは注文から完成までにはだいたい注文から数週間から、時には数カ月かかるケースもあります。
特にテーラーに在庫が無い場合は仕入れに時間を要するため、スケジュール感には十分な余裕を持たせると良いでしょう。
オーダースーツの魅力としては何よりも自分の体型にフィットしていることに加えて、見た目も良く見えるという点があります。
人の体型という者は意外と千差万別で足の長さから手の長さ、体型が瘦せ型か中肉中背かでも切るときにスタイルの黄金比を導き出す必要があるためです。
オーダーの際に寸法をしてみて気づく人もいますが腕や足の長さも左右によって全く同じでは無いため、対応する際には適切に測る必要があります。
時計をするかしないかでも長さが変わってくるため、仕事でどのようなスタイルなのかなど付帯的な質問をすることもあります。
ここぞという提案の時に着たいということであれば、勝負服としての色合いを盛り込むこともあるのです。

オーダースーツを注文した後に仕様や生地の変更はできる?

オーダースーツを注文した後に仕様とか生地の変更をすることは、基本的には受け入れてもらえないと思っておくべきですので注意が必要です。
オーダースーツは、こちらからの注文に応じて、本人の特注品として作ることになります。
ということで、もしその実作業に取り掛かった後になってやっぱり変えてくれとなると、では作りかけのものはどうなってしまうのかをよく考えなければなりません。
修正が効くようなレベルであればそれで構わないかもしれませんが、生地を取り換えてくれというような依頼が途中で行われるとどのようになるか、想像はつくはずです。
作りかけの製品はその人だけに向けたものなのですから、そのまま完成させたとしても誰か他の人に売れるわけではありません。
注文を受けた側からすると無駄になってしまうわけで、それを注文者が受け入れるというかその分の代金もしっかり払うというのであれば別ですが、そうでもない限りは変更はありえません。

海外からでもオーダースーツは注文できる?

海外からでもオーダースーツは注文できるというか、逆に日本にいても欧米のメーカーにオーダースーツを注文することはできます。
ただ、例えばインターネットショッピングか何かのように、パソコンやスマートホンの画面操作だけで注文できるかと言えばそれはちょっと難しいというか、少なくとも慣れは必須です。
オーダースーツの場合、多少の例外はあるかもしれませんが基本的には自分自身にぴったりと合ったものを作るため、胴回りとか腕の長さ、肩幅など体の各パーツの採寸を行うことになります。
これは自分自身で体に巻き尺などを当てて採寸するのは困難ですので誰かにやってもらう必要がありますし、正確に体のどの部位のどこからどこまでの長さなのかという点に関して言えばそれなりの知識も必要です。
要するに店舗に出向いて店員にこれらの長さを測ってもらい、そのデータをもって海外のメーカーに注文することが一般的となりますので留意しておきましょう。

インターネットからオーダースーツは作れる?

自分にピッタリサイズで、イメージ通りのオーダースーツを作りたい時、忙しくて店頭に出向く時間がない場合でも、PCやスマホを使ってインターネットから注文が可能です。
高級生地で仕立てられたスーツの価格は、3万円程度からとなっており、大変リーズナブルに購入できます。
身長と体重、希望するスタイルを入力すると、自分のサイズの指針がわかるというサービスも提供されているため、その指針を参考に採寸できるので安心です。
体の各部分の採寸方法やスーツのデザインについては、動画などで細やかに説明されているほか、事前に無料の生地サンプル請求をすると、生地の風合いや肌触りなどもしっかりと確認できます。
また、現在着用中のオーダースーツや既成サイズのスーツを採寸して、全く同じサイズのスーツを購入することも可能です。
オーダースーツのインターネット注文は、比較的若い世代を中心に利用者が多いのが特徴で、高品質のオーダースーツは気軽に作れる時代となっています。

オーダースーツが気に入らなかった場合は返品できる?

オーダースーツが気に入らなかった場合は返品できるかというのは、これはちょっと困ります。
お店の側の立場になって考えてみれば明らかでしょう。オーダースーツとは、本人の特別な注文に応じて、その人だけの製品として作るものです。
苦労して作った後になって、やっぱり気に入らないからという理由で返品された場合、お店はそのスーツを他の顧客に売るあてがありません。
本人だけの特注品なのですから、他の人には合わないというか、仮に似た体型の人が来店してその商品を気に入ったとしても、その人にとっては特注品ではないのですから製作費用に見合っただけの価格で販売することは到底期待できません。
お店にとっては大きな経済的損失になってしまいます。このような理由から、オーダースーツを返すようなことは認められません。
ただ、注文通りに仕上がっていないというケースは全く話が違ってきます。お金を支払うのは注文通りの商品に対してであるからです。

オーダースーツは自分で生地や裏地を持ち込んでも仕立ててもらえる?

オーダースーツは、一般的にはそのショップにある生地を利用して仕立てることが多いものです。
これはそのショップが中心としているイメージや、デザインとの兼ね合いなどを重視していることが多く、持ち込みの生地によってはイメージが悪くなってしまうことを避けるため、これを断っていると言うことが少なくありません。
またショップの中には、メーカーと提携をしており、そのメーカーの生地でオーダースーツを作ることで価格を安くすることができていると言った場合もあります。
しかしショップによっては、オーダースーツを持ち込んだ生地や裏地で作ることができるところもあります。
ただしこの場合でもデザインによりその大きさが足りなかったり、風合いが損われると断られてしまうこともあるため注意が必要です。特に持ち込みの場合には保管をしている間に傷んでしまっていることも多いため、この場合には物理的に作ることができません。
十分にショップの人と相談をして、確認をしてから持ち込むことが大切です。

冬でも麻素材のオーダースーツは作れる?

冬でも麻素材のオーダースーツは作れるかというと、在庫さえあれば作ることは可能です。
ただお店側もシーズンに合わせて生地を仕入れることが多いため、仕入れに時間がかかったり対応できない店舗があることはあります。
このため、冬にオーダースーツを注文する場合はあらかじめ事前に質問するか確認するかしておいたほうが無難といえそうです。
麻は通気性が良く夏場に快適に過ごすことができる素材として知られていますが、来夏を見越して早めに制作するという意味では先取りというメリットがあります。
ファッション関連は来シーズンに向けて早めにデザインや流行を提案するため、最新のデザインを提供できるというメリットがあるのです。
注文の際には手続きは同じで採寸からデザインの選択から切る目的の確認、生地の選定やボタン選びまで一連の流れに対応します。
季節を問わず作れるのはフルオーダーメードのテーラーがおすすめです。今回のような様々な要望に応えられるからです。

オーダースーツに関する情報サイト
はじめてのオーダースーツ

当サイトではオーダースーツとはどういうものなのか、初心者によくある疑問や解決の方法について紹介しています。初めてのスーツ作りの場合には、このサイトに目を通しておくのがおすすめです。ステージ衣装のオーダーメイドスーツも作れるのか、という気になる質問にもお答えしています。さらにオーダーメイドスーツは体に合うスーツが見つからない人に最適、というテーマでも情報をご紹介しているのでこれから利用してみたいときに参考になるはずです。

Search